セラミックス成形技術

アダマンド並木では、アルミナ、ジルコニア、強化アルミナなどのセラミックス粉末を、射出成形、プレス成形などで成形、焼成し、CIP処理やHIP処理などの後工程を行うことにより、強固で生産効率の良い精密部品を作り出しています。

射出成形

射出成形 射出成形

セラミックスは高温で焼成して製品としますが、焼成してから切断したり穴を開けたりするのは大変です。そこでセラミックスパウダーとバインダーと呼ばれるプラスチックを混合させて高温で溶かして金型に射出して形にしてから焼成すれば複雑形状製品を大量生産することができます。
当社は射出成形によって得た素材を焼成し、切削研磨加工を行った製品を提供しております。

プレス成形

プレス成形

セラミックスプレス成形は金型に材料を入れてプレスする事により板材のような単純形状の大量生産に適してます。材料はジルコニアパウダーとバインダーと呼ばれるプラスチックを混合した粉末を使用してプレスしますが射出成形材料よりバインダーが少ないため、焼成前の状態(プレス状態、仮焼成状態)での切削加工が可能であり、加工後本焼成すれば複雑形状の少量生産の対応もできます。
当社はプレス成形によって得た素材を切削加工し、焼成した製品を更に切削研磨加工して提供しております。

ジルコニアセラミックスプレス材料(歯科用)の焼成

セラミックス成形のオプション

CIP(Cold Isostatic Pressing) 
日本名:冷間等方圧加圧法

セラミックスプレス成形品は成形体内部に密度の不均等な部分が発生する場合があります、それが原因で焼成後歪みや割れが発生する場合があります。それを防止するためにプレス成形品の焼成前の状態で液体(例:水)を圧力媒体として全方向から加圧して均一な密度状態にして不良を防ぐ方法がCIPです。
ゴム型にプレス用材料を入れてCIP処理して素材を得る事もでき、それを加工してから焼成して製品を作る事ができます。

HIP (Hot Isostatic Pressing)
日本名:熱間等方圧加圧法

セラミックス射出成形品やセラミックスプレス成形品を焼成した素材には小さな気泡が存在する場合があります、その気泡が製品の強度低下の原因になったり、研磨加工して気泡が出てきて外観不良品になる場合があります。それを防止するために焼成後にガス(例:アルゴン)を圧力媒体として加熱して全方向から加圧して内部の小さな気泡を取り除いて不良を防ぐ方法がHIPです。

当社はCIP処理もHIP処理もご希望により行います。

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム