手術用ロボット:絶えず拡大する市場の動向

手術用ロボットは、主に低侵襲手術のために使用され、先進的なシステムとともに進化しています。手術におけるロボットデバイスとプラットフォームの使用が増加していることは明らかです。人工知能と拡張現実は、システムをますます進化させる重要な要素になります。

成長する市場 手術用ロボット

手術用ロボットは20年以上前から活用されています。手術用ロボットで有名な「ダヴィンチ」は、FDAで承認を受けた最初の手術ロボットでした。

今日、手術システムは、ますます柔軟な構成、アップグレード可能なアーキテクチャ、より直感的なインターフェイスを備えた低侵襲手術を推進し続けています。

2019年、ロボット産業は全体として、合計460億ドルの記録的な投資を受けました。Abi Researchによると、手術用ロボットは、最も多くの資金を集めたセクターで2位でした。手術用ロボットは莫大な投資を受け、かなりのレベルまで商品化されています。

ロボット手術市場は確実に成長し続けており、新型コロナウィルスが蔓延する前は2020年も有望な市場になるのではないかと言われていました。

ロボット手術は、さまざまな形で、術前段階、視覚化、およびナビゲーション計画、手術を支援するために歩み始めました。

手術の執刀医は、制御コンソールに座って、手術器具が取り付けられている機械的アームに遠隔指示を出します。したがって、ロボット手術は低侵襲性を促進し、体の限られた領域で複雑な手技を実行するのに役立ちます。

手術ロボットと今後の市場拡大

手術用ロボットは、将来 既存のシステムの機能をさまざまな側面で実装することにより成長が期待されています。

コンソールの人間工学のおかげで、手術中の快適性が向上します。

動作フィールドを3次元で視覚化し、人間と同様の動きをすることで、複雑な解剖学的構造へのアクセスが非常に簡単となり精度が向上します。 これまでは、執刀医が手術ロボットを操作して、ロボット自身が手術することはありませんでしたが、今後のトレンドは別の方向に進むことが考えられます。ロボットが自律的に手術をするという目標が出てくるかもしれません。ロボット手術は、自動運転車の誕生とともに、自動車同様のプロセスに直面しています。このプロセスでは、テクノロジーが同じことを実行できます。通常、ドライバーによって実行されるタスクを、自動で行うというものです。この中で、人工知能と拡張現実が基本となり、手術用ロボット工学の新時代につながります。


後編では、手術用ロボットに関わるモーターのお話をお届けします。
アダマンド並木精密宝石では、様々な用途に対応する小型モーターを提供しています。

アダマンド並木のDCコアレスモーターのページはこちら

DCコアレスモーター https://www.ad-na.com/product/dccorelessmotor/
モーターユニット https://www.ad-na.com/product/motor-unit/

タイトルとURLをコピーしました